ソレダメ 料理

1/10【ソレダメ】おでんは冷ました方が美味しくなる?美味しいおでんの作り方

更新日:

2018年1月10日放送の「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」

 

おでんは冷ました方が美味しくなる!?美味しいおでんの作り方

寒い季節に恋しくなる冬の風物詩といえば

アツアツのおでん

しかし、いざ家庭で作ると

中までだしが染み込んでなくて硬かったりと

なかなか難しいですよね。

そんな家庭で作ると意外と難しいおでんを劇的に美味しくする方法がこちら

家庭でおでんを作る時は

長時間しっかり煮込むのではなく

すぐに冷ました方が美味しくなる

スポンサーリンク

どうしておでんは長く煮ない方が美味しくなるの?

長く煮ない方が美味しくなるとはどういうことなのか

ミシュランガイドにも掲載されている

『新橋 かま田』の鎌田保義さんによると

『おでんは加熱中にはあまり味が染み込まないんです。

火を止めて、全体が冷える時に味が染み込むんです。』

加熱中は、

具材に含まれている空気や水分が膨張し外に押し出される為、だしを十分に吸い込む事が出来ません

一方覚ますと

空気や水分が押し出された隙間に、だしがたっぷりと吸い込まれるというのです。

スポンサーリンク

美味しいおでんの作り方

鎌田さんおススメの美味しいお伝の作り方はこちら

①大根・卵・こんにゃく等味が染み込みにくい具材を30分程煮込む

②鍋を火からおろし、タオルなどでくるんでじっくりと冷ます

③食べる直前に練り物を加え15分程煮込む

鍋を火から降ろしたら、タオルなどで包んだ方が温度がゆっくりと下がり、具材に味が染み込みやすくなります。

おでんは一旦冷ました方が美味しくなる!新常識でご家庭で美味しいおでんを作ってみましょう♪

こちらも合わせてどうぞ:

スポンサーリンク

-ソレダメ, 料理
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.