ソレダメ 料理

1/10【ソレダメ】美味しい湯豆腐の作り方|煮崩れしない方法

更新日:

2018年1月10日放送の「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~」

美味しい湯豆腐の作り方|煮崩れしない方法

湯豆腐を煮崩れさせずに美味しく作る方法が紹介されました。

美味しい湯豆腐ですが、食べているうちにぐだぐだになってしまったり、箸で掴みにくかったり、熱過ぎて食べられなかったり…そんな悩みを解消する方法をまとめました。

スポンサーリンク

①豆腐を入れる前に水溶き片栗粉を入れる

昆布だしが沸騰したら、少量の水溶き片栗粉を加えます。(少し白濁するぐらい)

片栗粉が豆腐をコーティングすることにより、煮崩れしにくい湯豆腐になります。

②湯豆腐を茹でる時は、火を付けない

豆腐を入れる前に、火を止めます。

火を止めた鍋に豆腐を入れます。

沸騰した状態で豆腐を茹でると、豆腐自体の水分も沸騰してしまいます。

豆腐の水分がどんどん外に出ていき、さらに高温で加熱されるよってたんぱく質が固まってしまいます。その結果、食感が硬く舌触りの悪い湯豆腐に・・・・

100度以下のお湯で湯豆腐を茹でるのが失敗しない湯豆腐のポイントです。

 

③火を止めた状態で鶏肉を入れる

湯豆腐に鶏肉を入れる場合は、豆腐と一緒に火を止めた状態の鍋に投入します。

鶏肉は、豆腐と同じたんぱく質の多い食材のため、低温で加熱する事によりパサつかずしっとしとした仕上がりになります。

スポンサーリンク

④20分~30分そのままにする

低温でじっくり火を通す事により、豆腐と鶏肉のタンパク質が固まるのを防ぎ、しっとりとした触感の良い湯豆腐に仕上がります。

 

⑤食べる直前に再度加熱

食べる直前に再び加熱する事で完全に火が通り、美味しい湯豆腐が出来上がります。

沸騰したら食べごろです。

 

まとめ

湯豆腐の豆腐は、火を止めて茹でる

水溶き片栗粉でコーティングすることで煮崩れしにくくする

こちらも合わせてどうぞ:

 

スポンサーリンク

-ソレダメ, 料理
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.