得する人損する人 料理

1/11【得する人損する人】一流シェフの余ったおでんのリメイク術

投稿日:

2018年1月11日放送【得する人損する人】余ったおでんのリメイク術

こんにちは、しまもです。

寒い冬、おでんの美味しい季節になりましたね!

おでんはいっぱい作った方が美味しいので、ついつい作りすぎちゃうものですよね…

今回そんな作り過ぎてしまったおでんをオシャレにリメイクする方法が

【得する人損する人】の「シェフなんとかして!」で紹介されました。

「シェフなんとかして」では、食卓には出しづらいけど捨てるのは勿体ない。余った料理を一流シェフのアイディアで絶品料理に変身させてくれる主婦には嬉しい企画です。

今回は、余って煮詰り、少し煮崩れてしまったおでんをイタリアンの鬼才小林幸司シェフが絶品イタリアンにリメイクしてくれました!

その名も「おでんのクロケッタ~和風タルタルソース添え~」です。

早速作り方をご紹介します

スポンサーリンク

<おでんのクロケッタ~和風タルタルソース添え~>の材料

<おでんの具材>
  • しゃがいも・・・・2個分
  • ちくわ・・・・・・1個
  • 昆布・・・・・・・1個
  • さつま揚げ・・・・1個
  • つみれ・・・・・・1個
  • 大根・・・・・・・1個
  • がんもどき・・・・1個
  • ごぼう天・・・・・1個
  • こんにゃく・・・・1個
  • パン粉・・・・・・大さじ2
  • オリーブオイル・・大さじ1
<衣>
  • 小麦粉・・・適量
  • 卵・・・・・1個
  • パン粉・・・適量

※パン粉はミキサー等で細かくすると、より軽やかな仕上がりになります

<タルタルソース>
  • おでんの卵・・・2個
  • マヨネーズ・・・30g
  • ケイパー・・・・10g
  • パセリ・・・・・適量

<おでんのクロケッタ~和風タルタルソース添え~>の作り方

クロケッタの作り方

① おでんの具材をそれぞれ細かく刻む

② 刻んだ具材を全てボウルに入れ、マッシャーでじゃがいもを中心的につぶしていく

③ ②にパン粉を加えてさらに混ぜる(パン粉はミキサーなどで細かくしておくと良い)

④ ③を手で丸めて形を作る(丸める時は、ハンバーグと同じように空気を抜いて丸める)

⑤ ④を、小麦粉・溶き卵・パン粉の順にまんべんなく付けていく。(パン粉は一度ミキサーにかけて細かくし、さらにザルでふるいにかけて細かいものを使うと良い)

卵をつける時は、フォークで転がしながら付けると手に卵が付かない
パン粉を全体に付けた後、さらに多めにパン粉を手に持って上からギュッと押し付けると、揚げたあとにフワッとした食感になる

⑥ 高温の油に⑤を入れ、キツネ色になるまでコロコロ転がしながら揚げていく。

※揚げる前にタネを30秒ほど置いておく。そうするとパン粉がおちついてパリッと揚がる。
※おでんは元々火が通っているので、高温で揚げる事で、短時間で表面だけカリカリに揚がる。

タルタルソースの作り方

① おでんの卵を細かく刻む

② ボウルに、おでんの卵、マヨネーズ、ケイパーを入れヘラで混ぜ、パセリを加える

おでんのクロケッタ~和風タルタルソース添え~の仕上げ

① お皿にクロケッタを盛りつけ、横に和風タルタルソース添える

② 最後にオリーブオイルを回しかけて完成

スポンサーリンク

<おでんのクロケッタ~和風タルタルソース添え~>のポイント

ポイント①

おでんには、最初から味が付いているので面倒な味付けは一切不要!

ポイント②

おでんには、最初から火が通っているので、揚げる際に火の通りを気にすることなく高温でカリッと揚げられる

ポイント③

余ったおでんの卵は水分が抜けてパサついてしまうが、余計な水分が無い事でしっかりとしたタルタルソースを作る事が出来る

ポイント④

もともとおでんだったとは思えないおしゃれ感なのに、コロッケよりも簡単に作れる

 

小林シェフのお店

リストランテ エッフェ】 小林幸司シェフ
東京都中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館8F
12:00~14:30 13:30(L.O.) 17:30~22:00 21:00(L.O.)

 

スポンサーリンク

-得する人損する人, 料理
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.