赤ちゃん

赤ちゃんのおむつかぶれに薬は不要!?自宅で治療する方法

投稿日:

赤ちゃんのお肌はデリケートです。

オムツ替えの間隔が開いてしまったり、ウンチの回数が多かったり、温度が高く汗ばんだりしただけで、すぐに『おむつかぶれ』になってしまいます。

もちろん個人差があり、全ての赤ちゃんが『おむつかぶれ』になるとは限りませんが、ではなぜ赤ちゃんのおしりはかぶれてしまうのでしょうか?

赤ちゃんのお尻がかぶれてしまう原因と、家庭で出来る予防法・治療法についてまとめました。

スポンサーリンク

赤ちゃんのおむつかぶれの原因

赤ちゃんのおしりがかぶれやすい原因は、ずばりオムツです。

オムツをしていることで、おしっこやウンチの水分でおしりが蒸れた状態で、オムツによりおしりが強くこすれてしまったり、おしっこやうんちの成分が刺激になっておしりがかぶれてしまうのです。

また、おしりが蒸れた状態でいると、肌にもともといる菌やカビ(通常は悪さはしない)が増えすぎてしまい、おむつかぶれを起こす原因の一つです。

赤ちゃんの肌は、大人の約半分しかありません。バリア機能も不十分で、外からの刺激にもとても敏感です。

オムツかぶれに限らず赤ちゃんの肌トラブルが多いのは、こうした要因が考えられます。

赤ちゃんのおむつかぶれの予防

おむつかぶれを予防するには、

①清潔にすること

②乾燥させること

この2点が大切です。

①清潔にすること

おむつ交換の度に、おしっこやウンチを丁寧に拭き取ってあげてください。おしっこやウンチの成分が残っていると、かぶれの原因になります。

②乾燥させること

おむつ交換の際に、乾いた布で水分を取るか、しっかり風を当てて乾かしてあげてください。菌やカビを必要以上に増やさないように心がけましょう。

この2点を気を付ければ、おむつかぶれがひどくなる事はそれほどないでしょう。

スポンサーリンク

 

オムツかぶれ予防:清潔にすること

可愛いあかちゃんのおしりにウンチがこびり付いてしまったら、おしり拭きでごしごし強くこするのはNGです。

①おしり拭きでふやかす

おしりふきをこびり付いたうんちに当てて、しばらく待ってみましょう。うんちに水分が戻り、優しく撫でるだけでウンチがとれます。

②シャワーで流す

おしりふきでは落とせなかったら、シャワーで流すのがおすすめです。100円均一等で売っているドレッシングボトルにぬるま湯を入れて、簡易シャワーで流してあげましょう。ぬるま湯を使えば、張り付いていたウンチが簡単に取れます。

③座浴する

それでもウンチが取れない場合は、洗面器や洗面所等にぬるめのお湯を張り、おしりだけお風呂に入れてあげましょう。おしりを優しくなでてあげるとウンチもとれるはずです。

②、③の注意点

シャワーや座浴の際は、かならずぬるま湯で行いましょう。お湯が熱過ぎると、赤ちゃんの肌の皮脂まで洗い流してしまい、肌のバリア機能が低下してしまいます。肌への負担を最低限にする為に、シャワーや座浴は短めに行うようにしましょう。

④外出等でシャワーが出来ない場合は、オイルを染み込ませた脱脂綿などでウンチを浮かせればOKです。油分のバリアもできて、清潔に保つと同時に肌を守る事も出来ます。使うオイルはベビーオイル・オリーブオイル・馬油・ワセリン等がおすすめです。

オムツかぶれ予防:乾燥させること

おしりを清潔にしたら、今度は赤ちゃんのおしりがサラサラになるまでしっかり乾かしてあげましょう。

おススメの乾かし方をご紹介します。

①うちわ

どの家庭にも必ず1つはあると思います。経済的だし、しっかり全体的に風を送る事が出来ます。おしりの水分をしっかりとるには、手や口で風を送るだけだと時間がかかります。おむつ交換に時間がかかると、おしっこがでちゃうかもしれません、うちわでしっかり扇いであげましょう。

②卓上扇風機

私が使っているのはこちらの卓上扇風機です。充電式なのでどこにでも置けて使い勝手が良いです。私も最初は、うちわで扇いでいたんですが、意外と疲れるし赤ちゃんの足にあたりがちなんですよね。こちらの扇風機を使うようにしたら乾かす時間がかなり短縮されました。赤ちゃんの足にも当たらないし、酸欠にもなりません(笑)

③乾いた布

肌が敏感で風を嫌がる赤ちゃんにはこの方法がおすすめです。おしりを清潔にしたら、乾いた布でこすらずトントンと軽く叩くようにして水分を取ってあげましょう。

赤ちゃんのおむつかぶれの治療

清潔に保ち、しっかり乾燥させていても、赤ちゃんの体調やその時の環境等の影響で「おむつかぶれ」が悪化してしまう場合もあります。

症状がひどく、排泄の度に赤ちゃんが泣いたり、仰向けで寝るのを嫌がる場合は、薬での治療が効果的です。小児科もしくは皮膚科を受診しましょう

インフルエンザ等の感染症が流行っている時は、皮膚科がおススメです。

症状に合わせて、ステロイド入りの塗り薬や保湿剤、抗真菌薬、非ステロイド系抗炎症薬などの外用薬を処方してくれます。

ステロイドは医師の処方通りに使用すれば怖い薬ではありません。赤ちゃんのおむつかぶれに処方されるステロイドは一番弱い事がほとんどです。

もし、ステロイドの使用に不安がある場合は、医師にその事をしっかり伝えましょう。適切な塗り方や、量、回数などを教えてくれます。説明を受けてもステロイドを使いたくない場合は、ステロイド以外の軟膏を処方してくれます。

赤ちゃんのおむつかぶれの間違った対処法

ベビーパウダーはNG

赤ちゃんのおしりにベビーパウダーを付けてあげましょうと言われていたのは、一昔前の事です。現在では、ベビーパウダーは赤ちゃんの汗腺を塞いでしまうことが分かり、赤ちゃんへの使用は推奨されていません。

ついパウダーでサラサラにしてあげたくなりますが、今はベビーオイルや保湿剤でしっとりさせてあげる事が正解です。

スポンサーリンク

 

-赤ちゃん
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.