雑学

主婦からみたエコキュートのメリットデメリット

更新日:

こんにちは。しまもです。

中古の戸建を購入したら、そこはエコキュートでした。

エコキュートの事なんか何も知らずに購入し、色々思う所もあったので主婦目線でのエコキュートのメリットとデメリットをまとめました。

電気代が安くなる~云々のメリットは、公式サイトで確認してくださいね。

実際に使ってみて、こんなのが便利だよ。ここが不便だよって所をご紹介します。エコキュートの導入を検討されている方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

主婦からみたエコキュートのメリットデメリット

なぜ私がエコキュートを導入したのか…

それは、家を買ったから!です。約1年前に家を中古の戸建を購入。そこにエコキュートが付いていました。

エコキュートの事は良く分かってませんでしたが、何となくお得なんでしょ?ぐらいの気持ちでした。エコキュート導入前と導入後の電気代を比べてないので、実際にどのぐらいお得なのかは分かりませんが「電気代を高いと感じたことはない」とだけ述べておきます。

主婦からみたエコキュートのメリット

  • 給湯の電源が無いので消し忘れの心配がない
  • お湯が出てくるのが早い
  • お湯の量が決まっている
  • 断水時でもしばらく大丈夫

・給湯の電源が無いので消し忘れの心配がない

給湯パネルの電源って入れっぱなしにしておくと電気代がかかりますよね。微々たるものだとは分かっていても、いちいち消していました。そして消し忘れた時にガッカリ…なんてことも。

しかし、エコキュートには電源ボタンがありません。蛇口を捻れば電源が付き、使わないでいれば勝手にOFFになります。ノーストレスです。

・お湯が出てくるのが早い

エコキュートはタンクにお湯が溜まっているので、蛇口やシャワーからお湯が出てくるのが早いです。

ガス給湯器の種類のよっては、給湯機のスイッチを入れて蛇口を捻り水からお湯になるまで5分ぐらいかかるものもあるそうです。私が以前住んでいたアパートでは、冬場は2、3分ぐらいかかっていました。

それが、エコキュートなら数十秒です。もちろん配管の長さによる所も大きいので、これから設置を検討されている方は、なるべく配管は短くした方がロスが少ないです。

・お湯の量が決まっている

お湯の量が決まっているので、節水を意識します。使いすぎるとお湯切れになり、お湯を沸かす為に電気代が余分にかかります。水道代も節約出来て一石二鳥です!

・断水時でも大丈夫

エコキュートのタンク内にお湯が溜まっているので、断水時でもしばらくは生活用水に困りません。小さい子供がいる家族や、足腰の弱いご年配の方だと、被災時に水を貰いに行くのも大変ですから、エコキュートで非常用の生活用水を自然に溜められるのはかなりメリットなんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

主婦からみたエコキュートのデメリット

  • 入浴剤がバブオンリー
  • お湯の量が決まっている
  • 3カ月に1回は水抜きメンテナンス(5分程度)
  • 旅行等の際には、設定が必要
  • 中古住宅に付いてる場合、最初にエコキュート内の水の入れ替えが必須

・入浴剤がバブオンリー

私的最大のデメリットはこれでした。私がエコキュートのメリット・デメリットを調べた時には、書かれていなかったデメリットです…。

引っ越してから、始めて入浴剤を入れようと思った時に、念のためにエコキュートの説明書を読んでビックリ「入浴剤はバブ以外は使わないでください」だと…!?えぇぇ!?大量に持っているRUSHのバスボムはどうすれば!?

エコキュートの種類によって、使える入浴剤も違います。うちのエコキュートはバスクリンもダメですが、他のエコキュートだとバスクリンが使えるものもあります。でもバブでもバスクリンでも「にごり」タイプは使えません。乳成分が入っているものもダメ。そして当然RUSHのバスボムもダメ。

最初から使える入浴剤が限られていると知っていたら…エコキュートに反対したかも。入浴剤好きにはそれほど大きなデメリットです。現在エコキュートの導入を検討している方は、是非奥さまにこの事実を教えてあげてください…。

・お湯の量が決まっている

突然の来客や、ちょっとお湯を使いすぎると、お湯切れを起こします。お湯が切れたら水になってしまう訳ではなく、新たにお湯を沸かします。なのでその分電気代がかかります。

来客や、お湯をいっぱい使う事が事前に分かっている場合は「沸き増し」スイッチを入れれば、いつもより多めにお湯を用意してくれます。

・3カ月に1回は水抜きメンテナンス(5分程度)

メンテナンスも必須です。3カ月に1回は水抜き(5分程度)をした方が、衛生的だそうです。タンクを空にする水抜きと、水抜きメンテナンスは別です。

作業は5分程度。1日お湯が使えない等もなく、説明書を見れば女性でも出来ます。

・旅行等の際には、設定が必要

旅行等で家を開ける場合は、事前に休止設定をする必要があります。帰宅する日に合わせて設定しておけば、帰ってきた日にすぐお湯が使えます。

1か月以上使用しない場合は、水抜き(タンクを空)をする必要があります。ここらへんがちょこっと面倒ですね。ガス給湯機なら、お湯を使わない日の設定なんていりませんからね。

もし設定を忘れても、お湯を沸きあげるだけなのであんまり心配はいりません。ただ、使ってないのに電気代がかかってしまうだけです。

・中古住宅に付いてる場合、最初にエコキュート内の水の入れ替えが必須

先に述べたとおり、エコキュートは1か月以上使用しない場合は、タンクを空にする水抜きをする必要があります。これがとっても面倒でした。

引っ越し前にエコキュートの説明書を見ながら作業をしましたが、朝から夕方までかかった記憶があります。

普段は、タンクを空にする程の水抜きは必要ありません。3カ月に1回の水抜き(5分程度)で十分です。

まとめ

 主婦目線のメリット・デメリットはいかがでしたでしょうか?イメージは沸きましたか?これからエコキュートを導入する方の「導入して後悔した!」が少しでも無い事を願います。

デメリットも含めつつ、私はエコキュートを導入して良かったと思います。節水・節電にもなるし、いざというとき(被災時)の生活用水も確保出来ます。冬場にお湯がすぐ出てくる所も気に行ってます。

 入浴剤は今でも少し残念ですが、バブは使えるので我慢します(笑)RUSHは実家で使わせてもらうことにします。

スポンサーリンク

-雑学
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.