保育園

保育園(保育所)にかかるお金|実際にどのくらいかかるの?

更新日:

こんにちは、子供を保育園に預けて働いているしまもです。

保育園(保育所)に通わせようと思ったら、実際にどのぐらいのお金がかかるのか知っていますか?

何となくイメージはあっても、実際にどれにどのぐらいお金がかかるのか分からない人も多いと思います。

今までどのぐらいかかったか。毎月どれぐらいお金がかかるのかを一覧にまとめたので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

保育園(保育所)にかかるお金|実際にどのくらいかかるの?

保育園(保育所)にかかる金額を一覧化して、それをさらに細かく見ていきたいと思います。

保育園入園にかかる費用を分かりやすく表にしたものが下記になります。

項目 回数 費用
初期費用(グッツ、洋服、お布団等) 1回 約50,000円程度
保育料 毎月 約30,000円前後
延長保育料(月契約) 毎月 30分1500円前後
1時間3000円前後
延長保育料(一時利用) 都度 30分 300円前後
父母会費 年1回 なし~5,000円程度
洋服代 季節ごと 20,000円前後
オムツ代 毎月 1,500円程度
お布団レンタルor布団乾燥代 毎月 500円程度
工作材料費 都度 1,000円程度

まず、保育園への入園が決まったら①初期費用で約50,000円~

毎月かかるお金は、②保育料+③延長保育料+⑦オムツ代+⑧お布団レンタルor布団乾燥代で約32,000円~38,000円程度

このぐらいの費用がかかりました。※実際にかかる費用は、各県や市町村で異なります。あくまで目安としてお考えください。

次に各項目を細かく解説していきたいと思います。

①初期費用(グッツ、洋服、お布団等)

保育園(保育所)への入園(入所)が決まったら、実際に保育園へ面接に行き、そこで入園までに揃える【必要なもの一覧】が貰えるはずです。

必要なものは、保育園毎・年齢ごとに違うのでご自分の保育園の必要項目をしっかり確認しましょう。

<0歳児>

全て激安商品の新品で揃えたとして、0歳児から入園する場合は、初期費用に44,699円~程かかる計算です。※家にすでにあるものを使用した場合、もう少し安くなります。

毎日使うタオルや、洋服は洗い替えも含め多めに用意しなくてはいけないので、金額が多くなります。また今回は布オムツで計算してますが、紙オムツを使う場合は初期費用が安くなる代わりに毎月かかる費用が上がります。

詳細は下記表をご確認ください。

用意するもの 費用 内訳
布団一式(掛け布団・敷布団・毛布) 1組 5,000円~20,000円 お昼寝布団はピンキリです。
しまもの保育園は”綿の布団のみ”だったので高くなりました。
浴用タオル(体拭き用) 夏季3枚 2,000円 フェイスタオル4枚セット1,000円として洗い替えも含め2セット
バスタオル(沐浴用) 夏季1枚 1,000円 1枚500円として洗い替えも含め2セット
口拭きタオル(食事用) 1日4枚 1,000円 ハンドタオル1枚100円として、洗い替えとして2日分+α
紙オムツor布オムツ 1日5枚程度 10,300円~ 布オムツとして計算
布オムツ10枚1800円、おむつカバー2枚1700円を5セット
肌着 1日5枚程度 5,000円~ 西松屋の肌着5枚セットなら2,499円でした。1枚ずつ買うならもう少し高くなります。
半袖Tシャツ・長袖Tシャツ・トレーナー等 1日5着程度 11,000円~ 半袖Tシャツ1枚700円として5枚
長袖Tシャツ1枚700円として5枚
トレーナー1枚800円として5枚
1日に用意するのは、上記3種類のうち5着程度ですが、洗い替えとしてそれぞれ5着程用意します。
ジャンパー(冬季) 1着 3,000円~
ガーゼ 5枚程度 399円~ 西松屋のガーゼ10枚セット
運動靴 1足 3,000円~
体温計 1個 3,000円 オムロンの体温計で計算

 

<1,2歳児>

全て激安商品を新品で揃えたとして、1歳児or2歳児から入園する場合は初期費用に83,500円~程かかる計算です。※すでに家にある場合や、着替え袋等を手作りして節約すればもう少し安くなります。

毎日使うタオルや、洋服は洗い替えも含め多めに用意しなくてはいけないので、金額が多くなります。また今回は布オムツで計算してますが、紙オムツを使う場合は初期費用が安くなる代わりに毎月かかる費用が上がります。

詳細は下記表をご確認ください。

用意するもの 費用 内訳
布団一式(掛け布団・敷布団・毛布) 1組 5,000円~20,000円 お昼寝布団はピンキリです。
しまもの保育園は”綿の布団のみ”だったので高くなりました。
浴用タオル(体拭き用) 夏季3枚/冬季1枚 2,000円 フェイスタオル4枚セット1,000円として洗い替えも含め2セット
口拭きタオル(食事用) 1日2枚 1,000円 ハンドタオル1枚100円として、洗い替えとして2日分+α
手ふきタオル 1日2枚 2,000円 1枚500円として洗い替え含め2日分
紙オムツor布オムツ 1日10枚程度 10,300円 布オムツとして計算
布オムツ10枚1800円、おむつカバー2枚1700円を5セット
パンツ 1日10枚程度 4900円~ 西松屋で3枚700円を洗い替え含め7セット
ズボン・肌着 1日10着程度 20,000円~ 肌着:西松屋で2枚1000円を10セット
ズボン:西松屋で1着1000円として10着
半袖Tシャツ・長袖Tシャツ・トレーナー 1日10着程度 22,000円~ 半袖Tシャツ1枚700円として10枚
長袖Tシャツ1枚700円として10枚
トレーナー1枚800円として10枚
1日に用意するのは、上記3種類のうち5着程度ですが、洗い替えとしてそれぞれ5着程用意します
ジャンパー(冬季) 1枚 3,000円~
パジャマ 週1着 1,000円~ 西松屋で1,000円(1週間使うので洗い替え無しで計算)
運動靴 2足~ 6,000円~ 西松屋で1足3,000円程度
体温計 1個 3,000円 オムロンの体温計で計算
おやつ用食器(コップとお皿) 1組 1,300円~ カップ600円+お皿700円
着替え用袋 1枚 1,000円
おやつ用食器袋 1枚 500円
パジャマ袋 1枚 500円

 

<3,5歳児>

全て激安商品を新品で揃えたとして、3歳児~5歳児で入園する場合は初期費用に74,000円~程かかる計算です。※すでに家にある場合や、着替え袋等を手作りして節約すればもう少し安くなります。

毎日使うタオルや、洋服は洗い替えも含め多めに用意しなくてはいけないので、金額が多くなります。また今回は布オムツで計算してますが、紙オムツを使う場合は初期費用が安くなる代わりに毎月かかる費用が上がります。

詳細は下記表をご確認ください。

用意するもの 価格 内訳
布団一式(掛け布団・敷布団・毛布) 1組 5,000円~20,000円 お昼寝布団はピンキリです。
しまもの保育園は”綿の布団のみ”だったので高くなりました。
浴用タオル(体拭き用) 夏季3枚/冬季1枚 2,000円 フェイスタオル4枚セット1,000円として洗い替えも含め2セット
手ふきタオル 1日2枚 2,000円 1枚500円として洗い替え含め2日分
パンツ 1日10枚程度 4900円~ 西松屋で3枚700円を洗い替え含め7セット
ズボン・肌着 1日10着程度 20,000円~ 肌着:西松屋で2枚1000円を10セット
ズボン:西松屋で1着1000円として10着
半袖Tシャツ・長袖Tシャツ・トレーナー 1日10着程度 22,000円~ 半袖Tシャツ1枚700円として10枚
長袖Tシャツ1枚700円として10枚
トレーナー1枚800円として10枚
1日に用意するのは、上記3種類のうち5着程度ですが、洗い替えとしてそれぞれ5着程用意します。
ジャンパー(冬季) 1枚 3,000円~
パジャマ 週1着 1,000円~ 西松屋で1,000円(1週間使うので洗い替え無しで計算)
運動靴 2足~ 6,000円~ 西松屋で1足3,000円程度
体温計 1個 3,000円 オムロンの体温計で計算
おやつ用食器(コップとお皿) 1組 1,300円~ カップ600円+お皿700円
着替え用袋 1枚 1,000円
おやつ用食器袋 1枚 500円
パジャマ袋 1枚 500円
リュックサック 1個 1,000円~ 楽天の激安リュックサックなら1,000円程
工作備品 1個 800円~ マジックやねんど等

その他

さらに保育園や幼稚園では、記名が必須になります。白い布に名前を書いて全て手縫い…という訳にも行かないので、名前シールや名前ハンコは必ず活用する事になると思います。

②保育料

保育料は、世帯年収や各自治体、預ける年齢や人数や保育時間によって変動します。ご家庭の世帯年収を確認し、所得税を計算し各自治体のホームページにて確認してください。

所得税の計算方法はこちらのサイトでとても詳しく書かれておりました!

以下の表も一つの目安にして頂ければと思います。

年齢 保育料の目安
3歳未満児 12,000円~68,000円
3歳 10,000円~32,000円
4,5歳 9,600円~25,000円

※生活保護世帯や、非課税世帯、1人親世帯は保育料が0円~5000円程度の自治体が多いです。

 

保育料は、所得税が上がる毎に金額が増える傾向です。世帯年収が高いご家庭は高く。世帯年収が低いご家庭は低くなります。自分たちの世帯年収から考えてとてつもなく高くて預けられない!ってことにはならないので安心してください。

また、預ける年齢が上がる毎に金額は下がる傾向です。3歳未満児は高く、3歳以上は段々安くなっていきます。これには、低年齢程、保育士の数が多く必要になるからです。3歳児になれば児童20人を1人の保育士が見る事になり、4、5歳児になると児童30人に対し、保育士は1人だけになります。

③延長保育料(月契約)と④延長保育料(一時利用)

保育園(保育所)では、利用可能時間(子供を預けられる時間)に決まりがあります。

・保護者が1カ月に120時間以上の就労をしている場合は、保育標準時間が適用され最大11時間、保育園(保育所)に子供を預ける事が出来ます。(1日6時間以上週5日就労している)

・保護者が1か月に120時間に満たない終了をしている場合は、保育短時間が適用され最大8時間、保育園(保育所)に子供を預ける事が出来ます。

この利用可能時間を超えて保育園(保育所)を利用する場合に、延長保育料というものがかかります。

延長保育料は、各自治体や保育園(保育所)で決められている事が多く、正確な金額が知りたい場合は、各自治体や保育園(保育所)のホームページを確認してみてください。

・単発の延長保育料は30分300円~500円程度の所が多い傾向にあります。

・月契約なら30分1,500円程度、1時間3,000円程度の所が多い傾向にあります。

スポンサーリンク

⑤父母会費

父母会費は、必要な保育園(保育所)と不要な保育園(保育所)があるようです。

入園を考えている保育園に父母会費があるかどうかも、きちんと確認しておきましょう。

一般的には、児童一人あたり月400円~500円程度で、年間にすると4,800円~6,000円程度の所が多い傾向にあります。

⑥洋服代

初期費用にも書かれておりますが、洋服代はかなり高くなりますので覚悟してください。

1年間だけ通うにしても、春・夏用の服・秋・冬用の服と2パターンが必要です。しかも子供の成長はとても速いので、去年の服はまず着られません。毎年必ずかかる費用だと考えた方が良いです。

だいたい1年間で約5万円分ぐらいは、洋服代としてかかると考えておくといざという時に困らないでしょう。

さらに、保育園(保育所)によって夏にプールを行うなら水着や帽子、水着バック、タオル等を毎年揃える必要があります。こちらもいざという時に困らないようにきちんと準備しておきましょう。

⑦オムツ代

オムツ代は、布オムツの場合は0円です。

紙おむつの場合の費用を算出しています。子供によって必要な枚数が違うので計算し難いですが、1日5枚ほど使用する計算で5×20日=1か月に必要なオムツの枚数は100枚程度とします。

オムツはAmazonの定期便等を使えば、安く抑えられます…が、今回は一般的なオムツの価格で計算します。Lサイズ、ビックサイズを使う子は、使う枚数を半分で計算します。

オムツのサイズ 1か月あたりの費用
Sサイズ(テープ) 17円×100枚=1700円
Mサイズ(パンツ) 23円×100枚=2300円
Lサイズ(パンツ) 26円×50枚=1300円
ビックサイズ(パンツ) 30円×50枚=1500円

簡易計算ではありますが、しまもも実際このぐらいかかりました。

しまもの息子は3歳後半にようやくオムツが外れたので、かなり長くオムツ代がかかりました。子供によってはこのぐらいかかる場合もあると知っておくと、余裕が出るかもしれません。

⑧お布団レンタルor布団乾燥代

お布団をレンタルしてくれる保育園(保育所)もあります。

小さい子供用のお布団は、小さい間しか使わないので買いたくないという方は、こういったサービスを利用されるとよいと思います。

お布団のレンタル代は、平均2000円程度です。

お布団をレンタルする場合も専用の敷布団シーツや掛け布団シーツは、各個人で購入する事が多いです。シーツ代は、大体5000円程度です。

最初に5000円+毎月2000円なら、トータルで見た場合お布団を購入した方が安くなります。もし、少しでも費用を抑えたいなら、お布団はレンタルせずに購入する事をおススメします。

さらにお布団関係の費用で「布団乾燥代」があります。保育園のお布団は干せない事が多いので業者にお布団乾燥を依頼する事があります。その費用は保護者持ちなので、毎月大体500円程度の「布団乾燥代」がかかります。

⑨工作材料費

保育園(保育所)で個人が使う工作道具の費用は、保護者へ請求されます。

マジックやハサミ等、個別に必要になる事がありますので、その分の費用を準備しておく必要があります。

全員が使うスコップやバケツ、粘土やパズル、絵本などは保育園(保育所)が用意してくれるでしょう。

 

まとめ

保育園(保育所)では、洋服代やオムツ代など幼稚園ではかからない費用がかかります。ですが、給食費やオヤツ代などは保育料に含まれる為、保育料を大きく上回るような金額にはなりません。

実際にどのくらいの費用がかかるか少しでもイメージが出来ましたでしょうか?各自治体で保育料も違うし、各保育園で必要になる物も違いますので、あくまで参考程度にしかならないかもしれませんが、少しでも皆様のお役に立てたなら幸いです。

スポンサーリンク

-保育園
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.