保育園

【必読】認可保育園(保育所)に入園する方法|入園までの流れ

更新日:

こんにちは、しまもです。

お子様を認可保育園(保育所)に預けたい保護者に向けた、認可保育園(保育所)に入園する為に必要な事、入園までの流れを説明します。

これから認可保育園にお子様を預けたいと考えている保護者の少しでもお役にたてればと思います。

スポンサーリンク

【必読】認可保育園(保育所)に入園する方法|入園までの流れ

認可保育園(保育所)に入る為に知っておいた方が良い事をまとめます。

認可保育園(保育所)はすぐ入れるの?

ほとんどの認可保育園(保育所)は、すぐには入れません。※お子さんの人数が少ない地域でしたら、無条件で保育園に入れる可能性もあります。

今まで専業主婦で子育てをしてきたお母さんが、子供を保育園に預けて働こうと思う理由は様々あると思います。

しかし、保育園へ入園出来るお子さんの第1条件は

”保育を必要とする子”

である事です。保育を必要とする子というのは、

  • 両親共に働いている、もしくは1人親により保育が出来ない状況。
  • 母が産後、もしくは両親が病気中で保育が出来ない状況。
  • 祖父母と同居ではなく、日中保育が出来る大人が家にいない状況。
  • 祖父母と同居の場合は、祖父母も働いているもしくは介護等で子供を保育出来ない状況。

などにより、子供を育てる環境が無いお子さんの事を言います。

つまり、専業主婦のお母さんがいるご家庭は、基本的にお子様を保育園に預ける事は出来ません

専業主婦のお母さんが、お子様を保育園に預けたい理由はだいたいが「今から働く為」でしょう。ですが、お子様を保育園に入園させる為には、まずは仕事が決まってないといけないのです。

次の子の出産や、病気等により保育施設への入園申請も可能ですが、1人親家庭や共働き家庭より優先度が低くなるため、入園出来る可能性は、低めです。

というわけで保育園に入所する為には、まず仕事が決まっていないといけません。

ですが、ほとんどの職場は預け先が決まっていない採用してくれません

会社側からすれば、働ける条件(子供の預け先等)が整っていない状態の人を雇うのはリスクが大きすぎるからです。条件整えたらまた来てねって感じです

では、保育園に入園するにはどうすればいいのでしょうか。

認可保育園保育所)に入るために

前述したように、働いてないと保育園に預けられないのに、保育園が決まってないと仕事が出来ないというジレンマが起きるのは「認可保育園保育所)」に預ける場合です。「認可保育園保育所)」に預ける場合は、その限りではありません。

では、認可保育園保育所)と認可保育園保育所)の違いとは何なのか?簡単にまとめたので、下記の表をご覧ください。

認可保育園保育所 認可保育園保育所
国の基準
クリアしている
×
一部クリアしていない
保育料 所得により変動
1か月16,000~30,000円ほど
公的な補助がある分安い
保育園により変動
1か月50,000~150,000円ほど
公的な補助がない分高い
※自治体から助成が出る場合もある
入園申請 各市区町村 各保育園
入園条件 厳しい 比較的優しい

表で分かる通り、「認可保育園保育所)」なら国の基準を満たしている上に保育料も安いです。どっちも選べるなら「認可保育園保育所)」に預けたいのは明白です。

ですが前述したように「認可保育園保育所)」は基準が厳しい(両親共に働いていないと預けられない)ため、入園申請を出しても審査を通らないケースが多いのです。

じゃあどうするのか?

ってことで、「認可保育園保育所)」の出番です。

認可保育園保育所)は、働いていなくても入園出来ます。もし金銭的に余裕があるなら、そのまま認可保育園保育所)に預けても良いと思います。

認可保育園保育所)への入園条件は、各保育園で異なりますので、電話等で確認することをおススメします。

 

→お子様を認可保育園保育所)へ預ければ、お母さんは仕事を決める事が出来ます。

→お母さんの仕事が決まれば、認可保育園保育所)への入園申請を行う事が出来ます。

認可外保育園については、こちらの記事を参照

認可外保育園って何?危なくないの?

こんにちは、しまもです。 今回は、認可外保育園(保育所)とは何なのか?認可外保育園(保育所)のメリット・デメリット等を分かりやすくまとめます。 今さら聞けない認可外保育園(保育所)について、まとめまし ...

続きを見る

認可保育園(保育所)入園の流れ

では最後に「認可保育園(保育所)」への入園までの流れを確認しておきましょう。

①保育園を探す。

②保育園に直接電話し見学予約を行い、保育園を見学する。

③市区町村役場に入園申し込みをする

④入園審査・選考

⑤面接・入園

保育園へ入園する手順は以上です。細かな入園手順は、それぞれの市町村で変わる事もあるのでご了承ください。

①保育園を探す

まずは自宅近く・職場近くの保育園を探します。これから働こうと思うお母さんたちは、とりあえず自宅近くの保育園を探しましょう。

もし、働く場所がすでに決まっているのなら、職場近くの保育施設を候補に入れても良いと思います。しかし、住んでいる市町村とは違う市町村の保育施設への入園申請は、少し面倒な場合が多いです。

②保育園に直接電話し見学予約を行い、保育園を見学する

お近くの保育園をいくつか探したら、次はしっかり見学しましょう。幼いお子さんの預け先です。自分の育児方針に合う保育園なのか。安全面や衛生面は大丈夫か等しっかりと見極めましょう。

保育園の見学予約は、保育園に直接電話をする必要があります。

お子様を連れて見学することも出来るので、そのことも保育園に伝えておきましょう。

<実際に保育園へ行ったら確認しておきたい事>

・施設環境

→お子様が遊べる環境が整っているか、安全対策や衛生対策は万全か等

・先生やパート、子供たちの様子

→先生の雰囲気や子供たちの雰囲気等、少しでも不安を感じたら自分の直感を信じましょう。

・保育時間

→保育園によっては保育時間が少ない所もあります。自分の働く時間に合うかどうかを確認しましょう。

・給食

→アレルギー対応等があるかどうかの確認。今アレルギーが無くても、ご両親がアレルギー体質の場合、急に発症する事もあります。

・イベント

→イベントは土日か。平日にばかりイベントがあると参加できないだけじゃなく、その日は預かってもらえない事もあります

・持ち物

→借りられるもの、必要なものを確認しましょう。

③市区町村役場に入園申し込みをする

前述の通り「認可保育園(保育所)」への入園申し込みは、各市区町村へ届け出ます。「認可保育園(保育所)」への入園申し込みは、各保育園へ届け出ます。

「認可保育園(保育所)」へ入園したい場合は、市区町町村役場に行き保育園の入園申し込みをしたいと相談してみると、地域の状況などを教えてくれます。

<入園申し込みに必要な書類>

  • 入園申込書
  • 保護者の状況を証明する書類(就労証明書・介護証明書・在学証明書など)
  • 診断書,障害者手帳(病気、障害の場合)
  • 母子手帳
  • 所得を証明する書類(非課税証明書・課税証明書など)
  • 前年分源泉徴収票または前年分確定申告書
  • 印鑑

④入園審査・選考

③の書類を提出したら、後は審査結果を待つばかりです。

郵送で結果が送られてきます。

⑤面接・入園

入園が決まったら、保育園(保育所)へ直接面接に行きます。

保育園(保育所)の注意事項や、持ち物等の説明を受けます。この面接で落とされることはほぼありませんので、気軽に行きましょう。

見学の時に聞き忘れた事などがあったら、この時にしっかり確認しておきましょう。

保育園を選ぶにあたり

「認可保育園(保育所)」は、保育士の数や保育園の規模、庭の有無など、国の基準を一部満たせていない保育園ではありますが、だからといって決して粗悪な保育園ばかりという訳ではではありません。

逆を言えば、例え国の基準を全部満たした「認可保育園」だとしても、お子様に合わない事は十分にあり得ます。

ご自身の教育方針にあう保育園がなかなか見つからず、嫌になるかもしれません。でもだからといって、空いている保育園(保育所)をキチンと調べもせずに入園させることだけは止めましょう。待機児童が発生するような地域なのに、定員割れしている保育施設には必ず理由があります。ご自身がその”理由”に納得出来るならその場所を選んでも良いと思います。何事もご自身の目で見極める事が大切です。

保育園(保育所)選びに疲れると、初心を忘れがちです。

家族にとって一番大切なことは「こどもの笑顔」です。それを忘れずに、皆が笑顔になれる保育施設を選びましょう!

スポンサーリンク

-保育園
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.