子育て 赤ちゃん

熱性けいれんは怖い!?正しい対処法を知らないと後悔するかも!

更新日:

こんにちは、しまもです。

熱性けいれんは、怖くない症状だと思っていませんか?実はそんなことはありません、熱性けいれんは止まらない事もあります。

けいれんが止まらなければ『痙攣重積(けいれんじゅうせき)』という病名になり、検査入院の必要が出てきます。けいれんが長くなるほど、脳に障害が残る可能性が高くなりますので、けいれんはなるべくはやく止めてあげなければいけません

今回は、熱性けいれんと痙攣重積についてお話します。

熱性けいれんの正しい対処法を知らないと、子供に辛い思いをさせてしまうかもしれません。是非正しい対処法を知っておきましょう。

冒頭で『熱性けいれん』の怖いと言いましたが、そのほとんどは怖くない痙攣であることは確かです。

ですが、その中のごく一部は『痙攣重積(けいれんじゅうせき)』につながる可能性が少なからずあるということを知ってもらいたくて、この記事を書いてます。

スポンサーリンク

熱性けいれんは怖い!?正しい対処法を知らないと後悔するかも!

ほとんどのサイトでは、熱性けいれんは怖くないと書かれています。

しかし私は敢えていいます!「熱性けいれんは怖い」です!!

ただ不安を煽る事はしたくありませんが、私のように熱性けいれんを甘く見る人が少しでも減る事を願います。

熱性けいれんとは?

痙攣重積(けいれんじゅうせき)をご説明する前に、熱性けいれんについて簡単にお話します。

熱性けいれんとは、6歳未満の子供が38度以上の発熱時に起こる「意識障害を伴う全身けいれん」の事を指します。発熱以外に中枢神経感染症や代謝異常、その他発作の原因となる明らかな疾患が無い場合に「熱性けいれん」と呼びます。

6歳未満の約10人に1人の割合で起こると言われ、1~2歳が最も発症しやすいとされています。

熱性けいれんの原因やメカニズムは、実はよく分かっていません

だからこそ完全に防ぐ手立てもなく、いつ起こるかも分かりません

熱性けいれんの8割程は、2,3分で治まるもので病院へ受診する必要もありません。投薬や治療の必要もなく、けいれんが治まれば子供は平然としています。

痙攣重積(けいれんじゅうせき)とは?

痙攣重積(けいれんじゅうせき)とは、けいれん発作が30分以上続くものを言います。または意識が回復せずに何度も発作を繰り返すもののことも痙攣重積(けいれんじゅうせき)と言います。

けいれん発作が30分以上続くと、神経細胞に障害が生じると言われており出来るだけ早くけいれん発作をとめなければいけません。

痙攣重積の原因は?

痙攣重積(けいれんじゅうせき)になる原因は、熱性けいれんだけではありません。以下にあげる症状からも痙攣重積(けいれんじゅうせき)になり得ます。

・てんかん
・急性脳炎・脳症、髄膜炎
・熱性けいれん
・代謝異常
・脳血管障害
・頭部外傷

このなかでも、てんかんから痙攣重積(けいれんじゅうせき)になるものが最も多いとされ、次いで急性脳炎・脳症、熱性けいれんから痙攣重積になる事が多いとされています。

スポンサーリンク

熱性けいれんと痙攣重積(けいれんじゅうせき)の違いは?

けいれん発作が起こってすぐに、熱性けいれんなのか痙攣重積(けいれんじゅうせき)なのかを見分けることはほぼ不可能です。

2,3分で治まれば熱性けいれん。30分以上続けば痙攣重積(けいれんっじゅうせき)となります。けいれん発作が5分以上続けば、痙攣重積(けいれんじゅうせき)の治療を行います。

熱性けいれんが起こったら、まずは落ち着いてけいれん発作の時間を測りましょう。5分以上けいれん発作が続くようであれば「痙攣重積(けいれんじゅうせき)」の可能性が高いです。

痙攣重積(けいれんじゅうせき)で死亡する事もあるの?後遺症は?

痙攣重積(けいれんじゅうせき)で死亡する率は減少傾向にありますが、現在は3%程度とされています。

30分以上けいれん発作を起こした状態が続くと、神経障害が起こるとされています。痙攣重積(けいれんじゅうせき)になったら出来るだけ速やかに対処する必要があります。

うちの長男は、けいれん発作が30分ほど続きましたが、幸いにも神経障害もなく元気に過ごしております。(長男は現在自閉スペクトラム症(ADHD寄り)と診断されていますが、痙攣重積との因果関係は不明です。)

痙攣重積(けいれんじゅうせき)になったら?

けいれん発作が5分以上続き、意識が戻らない場合は「痙攣重積(けいれんじゅうせき)」である可能性が高いです。

まずは速やかに救急車を呼びましょう。自家用車で向かうと思った以上に時間がかかってしまう場合があります。

救急車が到着するまでに、お子様の保険証や病院の受診券、着替えやオムツを用意しましょう。けいれん発作を止める際に座薬を入れる事もあります。座薬でウンチが出てしまう子もいるのでオムツは2枚以上持っていくことをおススメします。

救急車が到着したら、けいれん発作を起こした時間や発熱の状況等を伝えましょう。

救急車が到着しても心配は続きますが、落ち着いて救急隊員の指示に従いましょう。病院についてからも医師や看護師の指示に従いましょう。不安でしょうが両親は一歩下がり、医師等に処置を任せるのが一番早くけいれん発作を止めて貰える方法です。

2歳の息子が熱性けいれんから痙攣重積(けいれんじゅうせき)になった話

こんにちは、しまもです。 今回は、息子が2歳の時に「熱性けいれんから痙攣重積」になった体験談をしようと思います。 痙攣重積になる前の状況、なった時の状況等を細かく書き起こしたらかなりの長文になってしま ...

続きを見る

スポンサーリンク

-子育て, 赤ちゃん
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.