子育て 赤ちゃん

熱性けいれんになった場合の対処法

更新日:

熱性けいれんを起こした時の対処法です。

下記の通りに行えば大丈夫です。両親が慌ててはいけません。落ち着いて迅速に対応しましょう。

けいれん発作を起こした時間を記録する

発作を起こしたら、まずは5分間は見守ります。

夫や妻等のLINEに一言「けいれん」と送りましょう。もしくは、スタンプ1個でも送りましょう。時間が記録されます

LINEを使ってないなら、紙にけいれん発作を起こした時間を書きましょう。

どのくらいけいれん発作が続いているかを確認する事は最重要項目です。必ず時間は記録しましょう。

生後6カ月未満

けいれん発作を起こしたお子さんが生後6カ月未満の場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

自家用車では、病院まで行くのに思わぬ時間がかかったり、病院についてからも診察までに時間がかかり過ぎる場合があります。

救急車の呼び方はこちらを参照:生後6カ月未満の赤ちゃんがけいれんを起こした場合

 

衣服を緩めて、出来れば横向きに。抑えつけない

けいれん発作中は、体が硬直し動かない子も居れば、変な方向に硬直した状態で暴れる子も居ます。

衣服をゆるめ、吐きだしたものが喉に詰まらないように出来れば横向きにしてください。無理に抑えつけるのは危険です、暴れて横を向けないなら、頭等を打たないように支えてあげるだけでも良いでしょう

 

口の中には何も入れない

けいれん発作中は、思い切り食いしばる事もありますが、口の中には何も入れないでください。

昔は舌を噛まないように割り箸を噛ませたり、ハンカチを噛ませたりしたようですが、逆に危険ということが分かり、今は何もしないとされています。

割り箸は口腔内を傷つけたり、最悪割り箸の破片が喉に刺さる可能性もありとても危険です。ハンカチも飲み込んでしまうと最悪呼吸困難になり、より危険な状態になります。けいれん中は吐きだす事は出来ません。

舌を噛む程度の方がマシですし、ほとんどが杞憂に終わります。

 

けいれん発作が治まった?

2,3分程でけいれん発作が治まり、意識が回復しましたか?

お子様の顔色や呼吸の様子、手足など全身の様子を確認してください。

もしいつもどおりに戻ったのであれば心配はいりません。そのまま発熱の看病を続けてください。心配であればかかりつけの病院へ受診しましょう。

すぐにけいれん発作は治まるものの、1日に3回以上けいれん発作を起こした場合は、救急車を呼びましょう

救急車の呼び方はこちらを参照:熱性けいれん治まった|異常が続く場合

 

左右の動きが違う、視線が合わない、半身だけけいれんが続く

2,3分程でけいれん発作は治まったように見えるが、左右の動きが違う視線が合わない半身だけけいれん発作が続いている局部の硬直が治らない等の異変を感じたら救急車を呼びましょう。

また、1日に3回以上けいれん発作が起こる場合も、救急車を呼びましょう。

救急車の呼び方はこちらを参照:熱性けいれん治まった|異常が続く場合

 

5分経ってもけいれん発作が治まらない

すぐに救急車を呼びましょう。

救急車の呼び方はこちらを参照:熱性けいれんが止まらない|5分以上続く場合の対処法

30分以上けいれん発作が続くと、障害が残る可能性もあります。1分でも早くけいれんを止めてあげる必要があります。

家と病院が近くても自家用車では、病院まで行くのに思わぬ時間がかかったり、病院についてからも診察までに時間がかかり過ぎる場合があります。30分のタイムリミットを超えない為にも、救急車で病院へ向かうようにしましょう。

スポンサーリンク

-子育て, 赤ちゃん
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.