夫婦 子育て

妊活前にやっておくべきこと|妊娠前にやっておきたいこと

投稿日:

こんにちは、2児の母しまもです。

これから妊活をしようとしている女性に向けて

妊娠する前にやっておくべき事を教えます!!

妊娠や出産をしてしまうと出来なくなる事。子供がいると不便な事など、妊活前にすべきことは実はたくさんあるんです。

私は何も考えずに妊活をしてしまい、今ちょっとだけ後悔しています。

私のように後悔することのないように、妊活前の女性はなるべくやっておくことをご提案します。

スポンサーリンク

妊活前にやっておくべきこと|妊娠前にやっておきたいこと

妊娠する前にやっておくと良い事、やらないでおくと後悔することをまとめました

夫と二人きりでデート

夫婦二人きりでデートなんて全然出来なくなるので、妊活前に行っておくのがベストです。

遊園地とか水族館とか美術館とか。

こういう所だと子供が出来ても行けるじゃん!って思うかもしれませんが

家族で行くと「子供を楽しませる事が優先」になる為、大人が楽しむことは二の次になります。

まぁ子供が楽しんでるのを見るのも、楽しいんですけどそれとこれとは別です。

絶叫系のアトラクションのほとんどは、子供が小学生ぐらいにならないと乗れません。絶叫系のアトラクションは身長制限があるので、妊娠中から数えて約7年ほどは乗れない計算になります。さらに子供が増えるごとに乗れない時期はどんどん伸びていきます。

さらに美術館は、静かな場所なので子連れだと入れなくなります。

水族館、動物園はもちろん家族連れで行けますが、授乳室の確認、おむつの確認、子供の水分補給、おやつ、子供の機嫌、子供の動向などを気にしながら行動することになるため、親はゆっくり生物を見る余裕はあまりありません

あと個人的におすすめなのが、夫婦で体験型のアトラクションに参加してみることです。リアル脱出ゲームとか、マッスルモンスターとか。

こういった遊びも、子供がある程度大きくならないと参加出来ませんし、子供がいると純粋に自分が楽しむ事は出来ません。親というものは子供がいると、絶対に子供を優先してしまうものですからね。

あと祖父母に預けて夫婦で遊びに行ったとしても、結局子供が気になってあんまり遊べません。

子供がいないうちに、夫婦でしっかり遊んでおくことはとても大切なことです!

あ!遊ぶだけなら妊娠中でも出来るじゃん!と思った方、甘いですよー!

10ヶ月間ずーっとつわりで苦しんだ妊婦もいますし、切迫流産の恐れがあるとおでかけどころか日々の生活すら制限されてしまいます。

念には念を!遊ぶなら妊活前にしておきましょう!

飲み会

妊活前には、飲み会もしておきましょう。

妊娠中は、お酒も飲めないし煙草の煙も気になるようになります。

自分が気にしなくても周りが気を使うので、妊娠したら飲み会に参加するのは控えた方が良いでしょう。

奥さんだけじゃありません!

旦那さんも奥さんが妊娠したら、飲み会は控えるべき。自分の妻と子供に何かあった時にお酒を飲んでいたら、助かるものも助けられなくなります。

「妊娠は病気じゃない」

これは妊娠は病気じゃないから元気いっぱいという意味ではありません!

病気じゃない=薬で治せないという意味です。

妊娠中は、ほとんどの薬が飲めません。妊娠中はほとんどの治療が出来ません。だからこそ、妊娠期間中の10か月は、風邪すら引かないように気を付けなくてはいけないのです。

母親はお腹の中ですでに精いっぱい赤ちゃんを守っています。赤ちゃんを守る母親を守るのは、父親の役目ですよ。

だからこそ、妊娠する前にしっかり飲み会を楽しんでおいてください^^

スポンサーリンク

海外旅行

もし海外に興味があるのなら、海外旅行も妊娠前に行っておきましょう!

先に言っておきますが、妊娠したら海外旅行に行けなくなる訳ではありません

妊娠してても飛行機にも乗れるし、海外だって行けます。

海外旅行に行くなら保険にも入ると思いますが、まず妊婦は入れる保険が限られます。

そしてここで思い出して下さい!「妊娠は病気じゃない」ということを。

つまり保険に加入していても、海外で妊娠関係の体調不良になり病院を受診した場合、それは保険適用外になってしまいます。

それがどういうことかもうお分かりですね?国によって値段は違いますが、多額の診察代を払わなきゃいけなくなります。

妊娠6カ月でハワイに旅行に行ったカナダ人夫婦は、旅先で急に産気づきそのまま出産となってしまいその時に請求された金額は日本円にしてなんと1億円です。

とても一般家庭で払える額ではありませんね。。

妊婦の海外旅行は、ハイリスク過ぎます。妊娠前に思う存分海外旅行に行き、妊娠中は大人しく日本にいることが賢明です。

習い事

習い事も妊娠前に行っておきましょう。

例えば、英会話や料理教室、ボルダリング教室から、資格取得出来るものまで習い事ってたくさんありますよね。

妊娠中なら出来る習い事もありますが、子供が産まれてしまうと習い事はほとんど出来なくなります。

子供がある程度大きくなるまでは、母親が自分の時間を持つ事に対して世間の目も厳しいです。

世間の目なんてきにしないわ!って方なら良いですが…

私と同じように、人の敵意はなるべく受けたくないという方は、子供が小さいうちの習い事は控えた方が良いでしょう。

早く「子供を預けて遊びに行くのも全然大歓迎!」っていう日本になることを願っています。

永久脱毛

「脱毛なんて別にしなくてもいい。」

子供を産む前は、私もそう思ってました。でも子供を育てていく上で、無駄毛の処理ってすごく面倒だし危険なんです。

子供が1歳近くなってくると手の届く所にあるものを何でも触りたがります。

カミソリだって電動シェーバーだって、何にでも興味を示すのです。

そして子供と一緒にお風呂に入っていると、無駄毛処理の時間がほとんど取れず、夫が子供とお風呂に入ってくれるお休みの日まで、わき毛や腕毛、すね毛やデリケートゾーンまでぼーぼーの状態が続きました。

なので子供が産まれてすぐに脱毛しようと脱毛サロンを予約しました

が!脱毛って授乳中は出来ません。そんな事も知らず、夫に赤ちゃんを預けて脱毛サロンに向かってしまい、無駄な時間を過ごしました。。

レーザーが母乳に与える影響が分からないので、授乳中の脱毛はお断りしているそうです。

 

私の一番の後悔はコレです。

本当に妊娠前に全身脱毛しておけばよかった!!!!

 

1人目がようやく落ち着いた辺りで脱毛サロンに通おうとも思いましたが、2人目を希望していたので、通ってる最中に妊娠したらサロンに行けなくなりお金が無駄になりそうだから諦めました。

2人目が卒乳したら、絶対に全身脱毛に通います

毎日毎日、子供たちを洗って自分を洗って無駄毛処理するのはもう疲れました…。

だから絶対に妊活前に脱毛だけはしといてください!!!

脱毛せずに後悔している私が言うんです!間違いない。

脱毛した人も「永久脱毛しとけ」って言ってます。

本当にその通りです。脱毛しなかった私は今とても後悔してます・・・。

 

そして旦那さま!!お願いです!

妊活前に!奥さまを脱毛サロンへ通わせてあげてください!

これをしておくだけで、妊娠中のストレス産後のストレスもめちゃめちゃ減ります

あなたの子供を産み、育ててくれる奥さまの為に!初期投資を!!なにとぞよろしくお願いします!!!

永久脱毛させてあげることで、奥様の肌はより美しく!より若く!よりストレスフリーになるのです!

夫婦揃ってwin-winなんですよ!やらない手はないです。

奥様の無駄毛を無くしてあげる事が、ご主人の為にもなるのです。

歯医者

妊婦は抵抗力が弱り、お腹の赤ちゃんに栄養を持っていかれてしまう為、歯も弱くなります。

そうすると虫歯菌が悪さをするようになり、今まで虫歯になった事がない人でも妊娠中に虫歯になったという話はよく聞きます。

最近では、妊娠すると妊婦本人の歯科検診の割引券が付いてくる所もあり、歯科検診を多いに推奨しています。

が、しかし!本音を言えば妊婦はレントゲンを撮れないので、歯の状況が分かりにくいです。

なのでお腹に赤ちゃんがいないうちに歯医者に通って、レントゲンを撮り歯の奥の方までしっかり調べてもらった方が安心です。

虫歯が痛くなっても妊娠中は麻酔も薬も弱いものしか使えず、酷い痛みを自力で我慢しなければならなくなります。

歯の治療は、しっかり行っておいた方が身のためです。

 

まとめ

妊活前に行っておいた方がいい事

・夫と二人きりでデート
・飲み会
・海外旅行
・習い事
・永久脱毛
・歯医者

くだらない事かもしれませんが、子供が産まれてから後悔してももう子供が産まれる前には戻れません

だからこそ、妊活前の時期に後悔のないように済ませておくことで、後々のストレスを防ぐ事が出来ます。

楽しい子育てライフを送る為にも、妊娠前に夫婦でめいっぱい遊んでおいてください^^

それと忘れちゃいけない脱毛。これをやっとかないと私のように毎日じわじわとボディブローのように疲弊して行きます…

今から妊娠したいと思ってる人は、その前に永久脱毛を完了させておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

-夫婦, 子育て
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.