主婦ハック

おかずを作りすぎる人はサラダを1品に加えよう

更新日:

こんにちは、しまもです。

早速ですが、しまもはよくおかずを作りすぎます。
だいたいいつも食卓はこんな感じでした。

○ご飯○味噌汁○メイン
○惣菜○惣菜△つけもの

つけものは、あったりなかったり。

しまも家は和食中心なので一汁三菜を作るとどうしても品数が多くなります。そして1品の作る量がいつも多い…分かってはいるんですが、なかなかちょうど良い量が作れません。

肉じゃがなんか作ったら1週間ぐらい残ります。

スポンサーリンク

家の食卓は和洋折衷でいい

和食のメニューの中にサラダを混ぜても、何の違和感もありませんでした。さば味噌定食にサラダが付いてる事も多いですよね。

和食なら和食。洋食なら洋食。そう別々に考えていたんです。

でもお家の食卓です。和洋折衷だって良いんですよね。

 

サラダは時短!簡単に作れる!

サラダは作るのが簡単です。

惣菜は切って炒めて煮込んで…時間も手間もかかりますが、サラダはちぎったり切ったりしたら後は盛るだけです。

トマトもきゅうりも洗って盛るだけです!アボカドに生ハムにベーコン、アレンジだって簡単&無限大。

5分もあれば作れちゃうし、夫や子供の味覚を考えた面倒な味付けだってしなくていいんです。

 

サラダは安い!家計にも優しい

サラダは自分で作れば家計にも優しいです。

レタスは高くても1玉200円前後。しまも家は1玉でサラダ3~4回分は取れます。きゅうりもトマトも1回に使う量はそれほど必要ありません。全員分のサラダを、100円かからずに作れます。凝ったものを作ると、それなりに高くはなりますが500円以上にはならないと思います。

サラダを1品に加えるようになって、無駄買いも減りました。

今までは、惣菜を作る為に色々な野菜や具材を買って、色んな惣菜を作って、食べきれなくて捨てちゃう事もしばしばありました。

でも、サラダならなるべく新鮮なものを取り入れたいと思い、少量ずつ買うようなり野菜が痛んでしまうこともなくなりました。

上手に買い物をして、上手に使いきれば、食費がぐんと減りました。

何より食卓が華やぐ!

お総菜は茶色くなりがちなので、食器や絹さや等で工夫が必要です。

だけどサラダはそれだけで色んな色があります。わざわざ華やかな食器などで工夫しなくても真っ白い食器によく合います。

彩の為の食材を買わなくても、単体で食卓が華やぐサラダ、最高です。

 

生野菜は体に良い

1.野菜の栄養素が壊れにくい

野菜に多く含まれるビタミンやミネラルの中には、加熱に弱いもの、水溶性で水の中に溶けやすいものがあります。例えば、ビタミンCは、水にも溶け出しますし、加熱97度3分で半減するというデータがあります。ミネラルの1つであるカリウムも水溶性です。加熱しないシンプルな調理法は、栄養素の損失をより少なくできます。

引用:生野菜 VS 茹野菜 体にいいのはどちら?byリーブ21

2.酵素が摂れる

酵素は、体内で代謝を助ける大切な役割をしています。生の食材や発酵食品に多く含まれています。しかし、酵素は60~70度の加熱で失活するので、加熱調理では、あまり効果が期待できません。酵素を効率的に摂取するなら、生野菜がよいでしょう。

引用:生野菜 VS 茹野菜 体にいいのはどちら?byリーブ21

 

食卓にサラダを取り入れて、おかずの作りすぎを回避しましょう。

スポンサーリンク

-主婦ハック
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.