ダイエット 赤ちゃん

産後におすすめの運動はこれ!赤ちゃんが居ても出来る運動4選

更新日:

こんにちは、しまもです。

今回は、赤ちゃんが居ても出来る産後におススメの運動をご紹介します。

必ず産後1か月以上経過してから行うようにしてください。1ヶ月検診で子宮の戻りに問題が無く自身の体調も大丈夫であれば、医師に運動を始める時期を相談してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

産後におすすめの運動はこれ!赤ちゃんが居ても出来る運動4選

産後は、妊娠中に蓄えた脂肪をなるべく早く落としたいものですね。

でも、産後すぐに運動するのは良くありません!今は良くても、更年期辺りガタがくると言われています。子育てが終わった後も人生を謳歌したいと思うなら、産後1か月はなるべく安静に過ごすようにしてください。

それを過ぎたら、少しずつ身体を動かすようにしてください。ただ新生児のお世話で疲れきっている身体なので、絶対に無理はしないようにしてください。

頑張って運動しなくても、母乳をあげていると自然と落ちていくものなので、心配しなくても大丈夫です。

それでも運動がしたい!と言うなら、無理せず少しずつ行うようにしてください。

踏み台昇降

踏み台昇降は、踏み台を上ったり降りたりする昇降運動を繰り返す運動です。

でも、なんで産後に踏み台昇降がおススメなのでしょうか?

踏み台昇降は、脂肪燃焼と筋力UPの両面からアプローチをすることが出来る為、体重を落とすのにも効果的なのです。

昇降運動は太ももやお尻の筋肉を鍛え、産後のたるんだ体型を引き締めてくれます。また、股関節を動かす事で下半身から上半身へと流れる血液やリンパ液の流れが良くなり、浮腫み予防にもつながります。

天気や外の温度に左右されずに、簡単に自宅で出来るのも産後には嬉しいですね。

階段の上り下り

階段の上り下りも踏み台昇降と同じ効果があります。

「踏み台をわざわざ買いたくない」という方は、階段の上り下りで十分効果を得る事が出来るでしょう。

安全の為にも、一番下の段で踏み台昇降と同じ動作をしましょう。

バランスボール

産後におすすめの運動といえば、コレですね。産後のお母さんの骨盤矯正に一役かってくれるのがバランスボールです。

不安定なボールの動きや弾力に体をゆだねることで普段は使わない筋肉を鍛えたり、バランス感覚を磨いたり、ボディラインを引き締めるのに効果的です。

産後は骨盤が歪みやすくなっています。骨盤の歪みにより内臓の位置が下がることで代謝が悪くなったり、痩せにくくなったり、体に不調が現れます。だからこそ、産後のお母さんはまず骨盤を矯正することが大切です。骨盤矯正にバランスボールはとても効果的なのです。

腰回りや下半身を動かすことで骨盤や内臓を支える「骨盤底筋」を鍛えることができます。また、踏み台昇降や階段の上り下りと同じように、股関節を動かす事により、リンパや血液の流れをよくすることが出来ます。

こちらも、外に行く事無く室内で行える運動なので、産後のママが取り入れやすいポイントですね。

また、バランスボールは赤ちゃんの寝かしつけにも効果的らしいです。赤ちゃんと安全に楽しく運動する為に、産後のバランスボール教室に通ってみるのも良いでしょう。

 

ウォーキング

やっぱり産後の運動に一番おすすめなのはウォーキングです。

赤ちゃんと一緒にウォーキングする事によって、赤ちゃんもお母さんも良い気分転換になるでしょう。

ウォーキングのポイントは、頭から引っ張られているイメージで姿勢をよくし、大股でしっかり歩く事です。

赤ちゃんと一緒にウォーキングするなら、ベビーカーや抱っこ紐、スリング等で出かける事になると思いますが、それぞれ気を付けたい事があります。

ベビーカーでウォーキングする場合、前かがみになりがちです。意識して腰を伸ばしながら歩くようにしましょう。

抱っこ紐でウォーキングする場合、紐が緩いと赤ちゃんが下がってきて背骨が曲がってしまいます。しっかりとお母さんと赤ちゃんが密着するように抱っこするようにしましょう。

また、有酸素運動は1回20分以上が効果的と言われていますが、実は1日を通して20分以上運動すれば効果は得られます。お買いものに行く時も片道10分程のお店に行けば、それだけで十分運動になります。

まとめ

産後の運動は無理せずに行う。

妊娠中に増えた体重は、母乳をあげていると運動しなくても自然に落ちていきます。

それでも運動がしたい場合は無理せず少しずつ行うようにする。

身体を動かしたいと思うのは健康的で素晴らしい事です!私も産後は抱っこ紐でウォーキングしていました。

食欲が抑えれらないので、少しでも早く戻そうと思って歩いていましたが、おかげさまで産前よりも5キロ以上痩せる事が出来ました!

良い気分転換にもなったので、もし次の子供が産まれたらまたウォーキングをしようと考えています。

スポンサーリンク

-ダイエット, 赤ちゃん
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.