ママ 仕事 子育て

専業主婦と兼業主婦!結局どっちがいいの?

更新日:

スポンサーリンク

専業主婦と兼業主婦!結局どっちがいいの?

こんにちは、しまもです。

最近は母になると、仕事をしていてもしていなくても叩かれる世の中になってしまいましたね。

専業主婦になれば「働け」「寄生虫」「楽してずるい」等で叩かれます。

兼業主婦になれば「働くな」「邪魔」「中途半端」などなど。

じゃあどうすりゃいいの!?って感じですよね。残念ながら子供を持つ母親はどんな立場になろうと叩かれてしまうようです。

そりゃそうですよね、万人受けする事なんて世の中にはありません。専業主婦だから叩くとか、兼業主婦だから叩く…とかが、そもそも間違ってるんですよね。

専業主婦でも家事も育児も完璧で家族も大切にしている人も居れば、家事も育児も中途半端なのに夫の愚痴を言う人も居る訳で。それを”専業主婦は悪”と一括りにして叩く事自体間違っていると思いませんか?

働いている夫にだって、自己中心的で稼ぎも少ないのに文句ばっかりで、妻に暴力を奮い、休日はパチンコ・競馬などのギャンブルに勤しむ・・・・人も居るんですよね。

それを”働いている夫は悪”と一括りにする人はいませんよね。

スポンサーリンク

放っておく

テレビやSNS等で専業主婦や兼業主婦を叩く記事を見てしまったり、周りから何か言われたり…気になっちゃいますよね。

専業主婦なら、働いた方が良いのかな?兼業主婦なら、働かないで子供と一緒に居た方がいいのかな?とか。

でも結局、気にしないのが一番です。

前述したように、どんな立場になろうと叩きたい人はいるんです。相手の立場を理解しようとしない可哀そうな人たちは、残念ながら一定数居ます。

そんな人たちは、影口やSNS等で小言を言うしか出来ない小さい人たちです。そんな人たちに振り回される事はありません。

叩かれるのが嫌だから働いてみても、叩いてた人たちは褒めてはくれません。

叩かれるのが嫌だから仕事を止めても、今度は別の誰かに叩かれます。

 

あなたが必要なら「外で働かない」

あなたに必要なら「外で働く」

 

ただそれだけでいいんです。何も必要ないなら、好きな方を選べばいいんです。

 

専業主婦のメリット・デメリット

【メリット】
  • 時間を自由に使える
  • 子供と一緒に居られる
  • 子供の体調不良を誰かに謝らなくていい
  • 満員電車に乗らなくていい

専業主婦の一番のメリットは、時間を自由に使える事だと思います。

急な用事って、仕事中の時間が一番多いです。市役所なりカスタマーセンターなり。だいたい8時~17時しかやっていない。全部が全部メールで受け付けてくれる訳でもない。そんな時、専業主婦は大活躍です。市役所が空いてる時間に行く事が出来ます。

それと子供が熱を出しても、誰にも謝らなくていい事もメリットです。働いていると、子供が熱を出すたびに上司に謝らなければいけません。迷惑をかけた同僚にも謝って、時には小さい菓子折りなんかもお詫びに渡して…。

働いていると、子供が熱を出すと大人の事情で「早く治ってほしい・こんな時に熱を出さないでほしい」とか思っちゃいます。そして自己嫌悪。子供の体調不良は、悪い事じゃないですもんね。だけど専業主婦なら、子供の体調不良にゆっくり向き合えます

 

【デメリット】
  • 夫が高収入でもない限り、金銭的余裕がない
  • 周りから「なんで働かないの?」と言われる
  • 好きなようにお金が使えない
  • 孤独と罪悪感に襲われる

デメリットとして考えられるのは、金銭面ですね。夫婦共働きなら2馬力の所、夫の収入だけになると1馬力ですから、やはりその分金銭的余裕は少なくなります。

それと、今は夫婦共働きが主流になりつつあるので、「何で働かないの?」と言ってくる人たちが居ます。

それから、専業主婦はお金を生み出しませんから、夫の稼ぎからお小遣いを貰わなくては、お金はありません。夫が専業主婦に対する対価をお小遣いとして、快く渡してくれる人なら良いですが、専業主婦を寄生虫だと思うような夫だったら小言を言われるかもしれませんね。最もそんな夫なら捨ててしまえとしまもは思いますが。

皆でワイワイ騒ぐのが好きな人だと、外に出るのはスーパーか、子供と公園に行くだけの毎日は辛いかもしれませんね。しかし今は児童館とか、公開保育とか、遊べるところっていっぱいありますよ。しまもは、引きこもり体質なので、こもりっきりでも全然大丈夫でした。

兼業主婦のメリット・デメリット

兼業主婦のメリット・デメリットは、専業主婦と逆になるだけですが一応書いておきます。

【メリット】
  • 金銭的余裕がある
  • 自分のお金がある

 

やはり2馬力だと、金銭的余裕が生まれます。それと、もし何らかの事情でパートナーが働けなくなってしまっても、安心です。

自分の自由に出来るお金って、良いですよね。買い物の度にいちいち夫にお伺いを立てなくていいのはメリットです。

【デメリット】
  • 時間の余裕が無い
  • 「子供が可哀そう」と言われる
  • 子供の体調不良を煩わしく思ってしまう

夫婦共働きと言っても、子供の面倒は母親が見る事が多いです。

子育てに理解のあるイクメンが増えては来ましたが、保育園や幼稚園の送り迎えは、まだまだ母親の割合が高いですし、保育園や幼稚園のイベントも、母親のみ参加するご家庭が多いです。

家事に育児に。兼業主婦は忙しいです。

保育園に子供を預けて働いていると「子供が可哀そう」と言われる事がたまにあります。言うだけで別に助けてくれるわけでもないので、放っておけばいいんですけどね。

それと、子供の体調不良にじっくり向き合えない事もデメリットです。熱が下がったら1日様子を見たい所ですが、何日も続けて休むわけにもいかないので、熱が下がったらすぐに保育園に行かせなければなりません。

どちらが楽というわけではない

専業主婦と兼業主婦では生活のパターンや環境が全く違います。

どちらが楽というのは、人によって違うので何とも言えません。

しまもは「環境的には専業主婦の方が楽だけど、自分で自由に出来るお金も欲しいので働きたい」が本音です。

なので、専業をしていても、兼業をしていても、どちらもそれなりに良い事も嫌な事もありました。

案ずるより産むがやすしと言います。

今専業主婦をしていて金銭的にもっと余裕が欲しいと思うなら、一度働いてみれば良いと思います。
大変だったら辞めれば良いんです。

それで誰かに咎められたとしても長い人生の中では、一瞬の出来事です。

スポンサーリンク

-ママ, 仕事, 子育て
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.