ソレダメ

4/11【ソレダメ】最適なヨーグルトの食べ方|先生おすすめレシピ

投稿日:

2018年4月11日放送の「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~

こんにちは、しまもです。

今回は4月11日に放送されたソレダメで紹介された乳酸菌についてまとめました。

今スーパーでお買いものをすると、必ず見かける「乳酸菌」という文字…それもそのはず、今乳酸菌は大ブームになっているんです。

お菓子やジュースだけじゃなく、お好み焼きや漬け物、キムチなど数々の食品が乳酸菌をプラスして販売されています。

今回は、乳酸菌の正しい摂り方やおすすめの摂り方等が紹介されました。

スポンサーリンク

乳酸菌を効果的に正しく摂る方法

ヨーグルトを食べるタイミング

皆さんが日ごろから食べている身近な乳酸菌と言えば「ヨーグルト」ですよね!

まずはこのヨーグルトを食べる”正しいタイミング”についてです。

ヨーグルトは、1ml当たり1000万個の生きた乳酸菌が含まれていることが法令で定められています。

最近では、機能性ヨーグルトと呼ばれる、目的に特化したものが人気です。

例えば、

R-1乳酸菌 免疫細胞を活性化させる
ガセリ菌SP株乳酸菌 脂肪の吸収を抑え、内臓脂肪を減らす
PA-3乳酸菌 ビールなどに含まれるプリン体を分解し、尿酸値を抑える

など。乳酸菌は腸内で様々な効果を発揮するのです。

こういった機能性ヨーグルトは、スーパーでよく見かけるので食べる機会も多いですよね。

しかし

ヨーグルトさえ食べておけば安心という方が多いのですが、タイミングを間違えると乳酸菌の効果が減ってしまうんです。(新宿大腸クリニック 後藤利夫院長)

ヨーグルトは、ただ食べるだけではなく、食べるタイミングも重要です。

最適なヨーグルトを食べるタイミングは「食後」

空腹時の胃の中は食べ物を消化する胃酸が強く、せっかくの乳酸菌がほとんど死滅してしまいます。ヨーグルトの乳酸菌を生きたまま腸に届けるには、食後に食べるのが重要なんです(新宿大腸クリニック 後藤利夫院長)

食後の胃の中は、胃酸が薄まり生きたまま腸に辿りつく乳酸菌が増加。元気なまま乳酸菌が腸まで届けば悪玉菌を撃退してくれます。さらには腸を刺激し排便を促すぜんどう運動を活発にしてくれるため、生きた乳酸菌は、便秘に効果的

食べる目安は1日100g。毎日同じヨーグルトを2週間食べ続けると、自分にあうヨーグルトが分かります。

しかし、途中で死んでしまった乳酸菌も、生きている乳酸菌のエサになったり、悪玉菌を絡め取って排出してくれる働きがあります。

スポンサーリンク

○○と一緒に食べると乳酸菌がパワーアップ

実は乳酸菌はヨーグルトだけでとるよりも、食物繊維と一緒に摂る事でパワーアップするのです。腸を活性化する為にも、食物繊維とヨーグルトは一緒に取った方がいいでしょう。

ヨーグルトの乳酸菌が活躍するのは「ドライフルーツ」と一緒に摂るのがおススメ(新宿大腸クリニック 後藤利夫院長)

生のフルーツに比べるとドライフルーツの方が、断然食物繊維が多いのです。

食物繊維を沢山とると、乳酸菌が増加。さらにパワーアップしてより一層腸の中で活躍するんです。

ドライフルーツの中でも、さらにおすすめなのがドライブルーベリーです。ドライブルーベリーは、ドライフルーツの中でも、圧倒的に食物繊維が豊富です。ドライブルーベリーの食物繊維は100g中17.6gも含まれています。

最強乳酸菌レシピ『納豆キムチチーズ丼』

新宿大腸クリニック 後藤利夫院長おすすめの乳酸菌レシピをご紹介します。

作り方は至って簡単。

①あつあつのごはんの上にチーズをたっぷりのせる

②キムチに玉ねぎのみじん切り、納豆を加え混ぜる

③1のご飯の上に2をのせて完成

キムチに含まれる乳酸菌が納豆菌を餌に腸内で増加するためおすすめの食べ方だそうです。是非お試しください。

乳酸菌の意外な働き場所

乳酸菌が活躍するのは、腸内だけではありません。

実は『口内』でも、乳酸菌は悪玉菌を退治してくれています。

乳酸菌は口の中にもいます。口内環境を良くしたり、歯周病予防などに繋がるので、口内乳酸菌を増やすのはとても良い事です。(新宿大腸クリニック 後藤利夫院長)

成人の8割がかかっていると言われている歯周病。乳酸菌が口内にいることで歯周病菌を撃退してくれるのです。さらに乳酸菌には吸着力がある為、食後30分たてば歯磨きをしても流れる事はありません。

乳酸菌のパワーを最大限に生かし、健康的に過ごしましょう。

スポンサーリンク

-ソレダメ
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.