雑学

寒くなると眠くてお腹が空くのには、理由があった?産後トラブル?

更新日:

こんにちは、しまもです。

どんどん寒くなっていく冬、朝は布団から出るのが辛いですね。

朝だけじゃなく、しっかり寝たはずなのにまだ眠かったり、いつも以上に甘い物が食べたかったりしませんか?冬になると毎年必ずそういう症状が現れるなら、もしかしたらそれは冬季うつ病かもしれません。

冬季うつ病は、自分で直せるかもしれません。病院に行く前に是非やってみてください。

<冬季うつ病の主な症状>下記のような症状がある方は要注意!

  • しっかり寝てるはずなのに昼間もずっと眠い
  • しっかり食べてるのにお腹が空く
  • パンやご飯、甘いものが食べたくて仕方ない
  • 体重が増えていく
  • 動くのが面倒くさい
  • 気分が落ち込み、楽しい事が少ない
  • 普段過ごす場所は日当たりが良くない
スポンサーリンク

寒くなると眠くてお腹が空くのには、理由があった?産後トラブル?

寒くなってくると毎日眠かったり、異様にお腹が空くのにも実は理由があります。

冬季うつ病ってなに?

冬季うつ病(正式名称:季節性情動障害(きせつせいじょうどうしょうがい))というのは、

一言でまとめると「冬場のうつ病」です。

冬以外の季節はうつ症状は無く元気なのに、冬になると上記であげたようなうつ症状が現れます。冬季うつ病になると「抑うつ」「倦怠感」「気力の低下」「過眠」「過食(体重増加、炭水化物や甘い物を欲する傾向が強まる)」などの症状が強まる傾向にあります。

まさに、冬眠

冬場の生き物は体温が下がり、行動速度も遅くなり、なるべく省エネで動くようになります。

冬季うつ病の原因は?

冬季うつ病の原因は、実はハッキリとは分かっていません

ただ、高緯度地域の発症率が高い事から「日照時間が不足」が原因にあるかもしれないと考えられております。

メカニズムは解明されていませんが、以下のような説があります。

・体内時計をつかさどるメラトニン日照不足により分泌のタイミングがずれて、体内時計が狂ってしまう

・日照時間が不足し光の刺激が減ることでセロトニンが減って、脳の活動が低下してしまう

冬季うつ病になってしまったら?

太陽にあたりましょう。

冬季うつ病のハッキリとした原因は分かっておりませんが、前述したような説「日照不足」が原因であると言われています。

冬季うつ病には、「お日様」が一番よく効く特効薬です。

天気の良い日にお散歩したり日光浴をすることで、元気な精神状態に戻る事が出来るかもしれません。

しかし、太陽にあたるように心掛けても、日常生活に支障が出るほどの症状が2年以上続く場合は、病院での治療が必要です。

冬場だけの事だから…と我慢しがちですが、我慢しても冬季うつ病はよくなりません。

意識して陽にあたるようにするだけで、回復する可能性もあります。

億劫かもしれませんが、子供と一緒に公園に行きましょう!ママはベンチで日光浴してるだけでも良いと思います。

スポンサーリンク

-雑学
-

Copyright© しまぶろ , 2018 All Rights Reserved.